So-net無料ブログ作成
スポーツ ブログトップ

2015バロンドール ロナルドに決定 [スポーツ]

おこんにちは。

今日1日で何ブログ更新したかわからない
ジャマーさんです。


本日はFIFAとフランス・フットボール誌が
サッカー界で素晴らしい功績を納めた方々、
中でも男子最優秀選手(=バロンドール)
を発表したことで話題に上っているようです。

何を隠そうこの私、
スポーツのことは全くわかりません……

しかし好き嫌いもしていられないので、
一生懸命サッカー情報を集めて参りました。



今回2014年のFIFAバロンドールに選ばれたのは、
ポルトガルのクリスティアノ・ロナルド選手です。

ロナルド自身がバロンドールに選ばれるのは
通算3度目で、今年(2015)は2年連続受賞
ということになります。



2008~2013年までの6年間は
噂のメッシとCロナウドの2人が
ずっと独占していたようですが、

ネット上では
「メッシはピーク過ぎたし、
 ロナウドもちょっと太って来たから
 そろそろ他の選手が来そう」
と噂されていました。

昨年の発表では、
サッカーファン達の予想が見事に的中した形で
ロナルドがバロンドールに輝いた訳ですね。


そのロナルドが、前期のチャンピオンズリーグで
レアルを優勝に導いた功績で
2年連続受賞です。



ところでバロンドールって
どれくらいの栄誉なんでしょう?

無知ですみません><

薬師寺保栄と弘道会の関係って? [スポーツ]

プロボクサー元世界チャンピオンの薬師寺保栄について調べようとすると
必ずついて回る「弘道会」といういかにも訳あり気な単語。

格闘家であることや、今回発覚した1.3億円詐欺事件のこともあり
どうしても気になってしまいますよね。

という訳なので、表に出ている情報をまとめて
推察や他の事件との関連なども含めて仮説を立てて行きたいと思います。



yjimage (1).jpg
画像元:http://www.hyungboo.com/



◆弘道会とは何か?

弘道会(こうどうかい)」は愛知県名古屋市に本拠地を構える暴力団。
wikipediaにも載っていました。

あの山口組を構成する一角であり、
およそ4000人という規模の組織らしいです。




◆薬師寺保栄は弘道会とどういう関係なの?

薬師寺保栄 弘道会」という検索キーワードを見ると
真っ先にそんな疑問が思い浮かびますね。

しかし、当然と言えば当然ですが
核心に迫る情報は一切出て来ませんでした。




ただ、弘道会について調べていると、
元野球選手の清原和博が弘道会と親密な関係にあった
との噂が飛び込んで来たのです。

情報によると、清原選手は血の気が多く、
街角でファンから「あ、清原!」などと呼び捨てにされると
頭に血が上ってしまうそうなんです。

その為、トラブルを避ける為に
弘道会に用心棒を依頼していたのだとか。



薬師寺保栄もボクシングの元世界チャンピオンとあって、
ファンを沢山抱えていることや強靭な肉体等、
清原和博と共通する部分は多いように思われますね。

スポーツ界の大物と暴力団の人間関係というのは、
上手く通じてしまいやすいものなのかもしれません。



と、かなり抽象的な結論になってしまいましたが、
今回の詐欺事件で莫大なお金が動いたことを発端に、
何か新しい動きが起こる可能性もありそうです。

香川伸行のブロックは鉄壁だった [スポーツ]

元・南海ホークスの「ドカベン」こと香川伸行(背番号2番)は、
ぽっちゃりした体型を生かした屈強な打撃のみならず、
クロスプレーにおけるブロックにも定評がありました。


26日、心臓発作で亡くなった香川伸行(左)
d0a4e6fe-s.jpg
画像元:blog.livedoor.jp



香川伸行はプロ野球選手でありながら非常に横幅のある体型をしていましたが、
それはほとんど「食べすぎ」によるものでした。

その為、体重を乗せた強烈な打撃により、頻繁に本塁打を放つことが出来た一方、
走塁や送球には難があり、選手としての評判は賛否両論あったようです。

そして、守備における香川伸行の見所は、ホームでのブロックにありました。

ブロックという言葉をわかりやすく説明すると、
走者がホームベースに滑り込んで来るのを物理的に阻止する技術のことです。


↓わかりやすい動画があったので貼っておきます




基本的に、守備側の選手が相手選手の走塁を邪魔することは
走塁妨害」として反則になってしまいますが、
捕手が”送球を受ける為に”走塁線上に陣取ることは禁止されていません。

その為、ボールと走者が同時に来た場合、
キャッチャーは自分の体で走者の滑り込みをせき止めることが
ルール上可能なのです。


catcher-block-highsc.gif
画像元:http://formation.kbaseball.net/


そうなると、走者はキャッチャーにタックルするか、
ホームベースに無理矢理体をねじ込まざるを得ません。

香川伸行の体重は、最高で130キロもあった為、
並の選手では彼のブロックを崩すことが出来なかったのです。



ファン達からも
「香川伸行のブロックは難攻不落って感じで、見てて痛快だった」
との声が挙がっています。

とはいえ、香川伸行の最大の特長であった体型こそが、
彼自身の野球人生を極端に短くしたばかりか、
命そのものをも奪ってしまったのも事実。

悲しいことです。

ハヤブサ プロレスで全身不随も復帰宣言 [スポーツ]

全身不随」のプロレスラー、ハヤブサ
産経新聞の取材に応え、「5年後にはレスラーとして復帰する」と宣言しました。

ハヤブサは13年前、試合中に空中技をミスし、頭からマットに落下。
衝撃で頚椎に深刻な損傷を負い、そのまま全身不随となりました。

hayabusa.jpg
画像元:http://www.kouenirai.com/


↓その時の映像がこちらです。

【プロレス】ハヤブサ 試合中に全身不随の事故





事故が起きたのは平成13年の10月22日。

後楽園ホールでの試合中、ロープの上に立って勢いよく飛び上がり、
宙返りを決めながら相手の身体にのしかかる
ムーンサルトプレス」という技を2回連続で繰り出しました。

が、その2回目でジャンプと同時にロープから足が滑り、
高度が足りず頭から転落。

すぐに意識は戻ったものの、首から下の感覚は既になく、
試合はそのまま中断されたのでした。



医師によると「3ヶ月間感覚が戻らなければ、一生このままかもしれない」
と診断され、回復は絶望的だったそうです。

ハヤブサいわく「冷たい岩の上に首だけ生えている感じ」といい、
手足を動かせないばかりか、便意すらも感じられないといいます。



一時は「死んだ方がマシだ」とさえ思ったハヤブサでしたが、
もちまえの頑張り精神で必死にリハビリを続け、
今では杖をついて200メートルも歩けるようになりました。

「5年後にはレスラーとしてマットに返り咲く」

また、ハヤブサは活動休止中、シンガーソングライターとして
約50曲の楽曲を執筆したそうです。

その主なテーマは「希望を捨てず、頑張ろう」という内容でした。

私達もハヤブサのような不屈の精神で生きていきたいものですね。
スポーツ ブログトップ
エクスプリメ ファーストセラム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。