So-net無料ブログ作成

マックのポテトの「歯」どうやって? 原因を究明 [災害]

1時間ぶりです。
1記事600~800文字くらいを目標にブログを書いているジャマーさんです。


しかしネタ探しから執筆まで真面目にやるのが2ヶ月ぶりくらいだった為か
一気に1600文字を越えてしまいました。

(私にとって文章を書く仕事は天職だったようだ!)




冗談はさておき、引き続きマックポテト歯混入事件
原因について考察していきたいと思います。

「歯混入」ってなんか言いづらいですよね。

「ゴキブリ混入」は言いやすいのに。



問題の歯↓ これがフライドポテトに入っていたそうです。
47c61397-s.jpg
出典:http://gossip1.net/archives/1017084432.html


前回の記事では
「ポテトの製造工場でライン上に立っている人の歯が
 ポロッと抜けて入ってしまったんじゃないか」
という説を押しましたが、

記事を書きながらオマケ程度に思い付いた
「産地で混入したんじゃないか」説が
何だかんだで正解のような気がしてきたので、
具体的にお話ししてみたいと思います。




参考までに工場の画像をどうぞ
A007047.jpg
出典:http://www.plans.jp/



今ぱっと調べてみたんですが、
マックフライポテトの原産国ってアメリカなんだそうです。



海外に行ったことがないので(ディ●ニーランド以外)
あちらさんの衛生状況はちょっとイメージ付きませんが、

収穫から輸入までの過程でジャガイモに歯が紛れ込んでいたとしたら
日本で犯人を見つけるのは難しいのではないかと、
IQ62の天才ブロガージャマーさんは閃いたのです。



実際、混入事件が発生したのは去年の8月だそうなんですが、
ポテトに入っていた歯が誰のものだったのかは
未だにわかっていないらしいのです。



まず店舗のスタッフであれば
容疑者はせいぜい3~4人と考えられるので、
店長が口の中をチェックすればおよそ犯人はわかります。

次に怪しいのはやはり工場です。

マックポテトの工場となると関係者の数は膨大になりそうですが、
5ヶ月もあれば犯人を見つけることは
普通なら出来たのではないでしょうか。

(慌てて辞めてしまったり、さりげなく
 差し歯を入れてしまった可能性は否定できませんが)


しかし、犯人がアメリカにいると考えると、事件の発覚した日本から
たった1人の不自然に歯の抜けた従業員を見つけ出すのは至極困難です。



「オーマイガー! 口臭ガムを噛んでたら大事な前歯が抜けちまった!
 俺の歯どこだよ! まさか漂白したてのジャガイモん中かい!?」

「タダでホワイトニング出来るんだ、よかったじゃないか。
 ただし、見つけ出すことが出来ればだがな! HAHAHA!」



という訳ですね。



余談ですが、マクドナルドのフライドポテトは
本当にドロドロの漂白剤に浸されて漂白されます。

私はあまり食べ物にうるさい方ではないんですが、
(サラダに青虫が入っていても大して気にしない/笑)
その映像を見てしまった時はさすがに
「oh...」となりました。



それにしても、人の歯をガリッと噛んでしまったお客さんは災難でしたね。

多くても一生に1回しか経験することのないであろう出来事ですが、
そんなことになったらしばらくポテト恐怖症になりそうです……。


尚、この記事の文字数はおよそ1400文字でした。
ワーオ!


スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
エクスプリメ ファーストセラム

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。